2022.1.24

新型コロナウイルスに感染した場合やPCR検査を受けた場合の通塾基準について

都内のいくつかの小・中学校で新型コロナウイルス感染者が確認されております。早友学院では、文部科学省および教育委員会の方針・対応に準じて、公的機関(保健所、区役所など)、感染症医療機関の対応を総合的に判断しまして、以下の通り通塾基準や対応を決定いたしました。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

以下の事例に該当する場合、すみやかにお通いの教室までご連絡いただきますようお願いいたします。また、今後、文部科学省および教育委員会、公的機関や感染症医療機関の対応が変わった場合、以下の通塾基準や対応も変更させていただくことがございますのでご了承ください。

  1. お子様がPCR検査で陽性となった場合、
    陽性の結果が出てから10日間は通塾停止とさせていただきます。8~10日目に症状が無い場合は、11日目から通塾可能です。
  2. お子様が濃厚接触者と特定され、PCR検査を受けた結果陰性となった場合、
    感染者と最後に濃厚接触をした翌日から起算して10日間の通塾停止とさせていただきます。
  3. 同居のご家族がPCR検査の対象となった場合、
    検査結果が判明するまでは通塾停止とさせていただきます。結果が陰性の場合、その時点で通塾可能です。
  4. 早友学院の生徒または教職員に、新型コロナウイルス感染症の感染者が確認された場合・早友学院内で濃厚接触者が出た(陽性と判明した日の前2日間に出席・出社している)場合、
    保健所等の指示に従い、「東京都区立学校の臨時休業期間の目安等」に準じる形で、感染者の所属する教室については3日間程度臨時休校、感染者が在籍するクラスについては1週間程度クラスを休校させていただきます。
    休校中の授業については振替授業期間に振替授業を実施致します。授業料の返金等がご希望の場合はお通いの教室までご連絡ください。
  • 0120-170-717 受付時間 月~金 9:00-17:00
  • 資料請求 24時間受付中
  • 体験入学のお申し込み 24時間受付中
  • 入塾テストのお申し込み 随時受付中